主要事業1(体育協会はその組織の強化と事業の拡大をめざし、平成6年以降、以下の4つの基本方針を掲げ取り組んできました。)

大会・後援会の開催

次のページへ

尼崎市民スポーツ祭

昭和26年に開かれた総合体育大会から第1回市民スポーツ祭と名称を改め、毎年4月から9月にかけて市民スポーツ振興をより一層活性化させるため、各競技団体が創意工夫を行い、市民スポーツ祭として展開しています。市民スポーツの普及・振興を図り、併せて本市の競技力向上を図ることを目的とする大会趣向は回を重ねるたびに継続発展され、今日に至っています。

尼崎市体育協会会長杯市長旗大会

スポーツのまち尼崎をふさわしい行事として、9月以降のスポーツシーズンに尼崎市体育協会会長杯・市長旗大会を各競技団体が開催しています。大会を開始するにあたって、毎年敬老の日に総合開会式を盛大に開催しています。

スポーツ指導者講演会

体育協会加盟団体の指導者層を対象として、スポーツ指導者講演会を開催しています。
講師は下記資料にあるように毎回スポーツ界各分野から著名なスポーツ選手や指導者をお呼びして、
選手の育て方や指導のあり方について貴重な助言や提言を頂き、体育協会加盟の各団体のレベルアップに寄与しています。

1982年村山 実(野球評論家)
1983年山下 康裕(柔道選手)
1984年小高 正宏(ウエイトリフティング選手)
1985年南部 忠平(鳥取女子短期大学長)
1986年三浦 雄一郎(プロスキーヤー)
1987年三屋 裕子(学習院大講師)
1988年衣笠 祥雄(野球解説者)
1989年松本 育夫(スポーツ解説者)
1990年君原 健二(マラソンランナー)
1991年放駒 輝門(相撲親方)
1992年古賀 稔彦(日本体育大学助手)
1993年上田 利治(野球解説者)
1994年力武 敏昌(評論家)
1995年道上 洋三(パーソナリティー)
1996年山口 香(全日本柔道連盟女子強化コーチ)
1997年浅見 俊雄(日本体育大学教授)・セルジオ越後(サッカー解説者)
1998年中村 順司(名古屋商科大学野球部監督)・小山 裕史(トレーニング研究施設ワールドウイング代表)
1999年椙棟 紀男(スポーツプログラマー)・山口 良治(京都市立伏見工業高校ラグビー部総監督)
2000年井村 雅代(全日本シンクロナイズドスイミング代表コーチ)・吉田 義男(野球解説者)
2001年伊東 浩司(甲南大学専任講師)・山口 彦則(清風高校体操部監督)
2003年二宮 清純(スポーツジャーナリスト)・原田 隆史(天理大学講師)
2004年大林 素子(スポーツキャスター)・奥野 史子(スポーツコメンテーター)
2005年間野 義之(早稲田大学助教授)・室伏 重信(中京大学助教授)
2006年増田 明美(スポーツジャーナリスト)・伊達 公子(元プロテニス選手)
2007年小野 剛(日本サッカー協会技術委員長)
平尾 誠二(元ラグビー全日本選手・監督、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャー)
2008年 柳本 晶一(全日本女子バレーボールチーム監督)
宇津木 妙子(元全日本女子ソフトボールチーム監督)
2009年 朝原 宣治(北京オリンピック男子陸上銅メダリスト)
篠原 信一(柔道男子日本代表監督)
2010年 村上 隆行(野球解説者・独立リーグ大阪ゴールドビリケーンズ監督)
2011年 塚原 光男(朝日生命体操クラブ総監督・全日本社会人体操連盟理事長)
2012年 佐伯 美香(元全日本バレーボール選手・元ビーチバリヤー)
2013年 萩原 智子(元水泳競技日本代表・日本水泳連盟理事)
2014年 清水 宏保(元スピードスケート選手)
2015年 沢松 奈生子(元プロテニスプレーヤー)

ページの上へ

スポーツ選手の強化

尼崎市民スポーツ

小・中学校の優秀選手及び将来有望な選手に対し、長期的な展望に基づく一貫指導を施し、精神的にも技術的にもバランスのとれた人間的に優れたジュニア選手の育成を図り、本市における競技スポーツの一層の発展を期することを目的として競技力向上事業の充実を図るため、大阪教育大学の土井秀和教授のご指導により、体育協会における「ジュニア競技力向上事業」実施の手引きが平成16年3月に作成されました。各競技団体が一貫指導の考え方を共有しジュニアの成長を支援することができるようこの手引き書を参考にして円滑な事業展開に利用されています。